プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十五話

私が船を買うまで。第二十五話 大団円 久しぶりのビックワンに大喜びのゆうさんと、100Kmで突っ込んできたことをものともしない私の弟はまさによいコンビだろう。先ほども書いたが男はいつまでたっても子供のままだ。私は幼いころ 「大...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十四話

私が船を買うまで。第二十四話 キャステイクの白い彗星 キャステイクレイクではラージマウスバス、スモールマウスバス、ストライプドバス、トラウト、ブルーギル、ナマズなどがつれるらしい。今回の目的はラージマウスバスなのだが、実はストライプ...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十三話

私が船を買うまで。 第二十三話 部屋とYシャツと私と便所 船に トイレがいるかどうかという私の長年の疑問を アメリカでは普通にこんな形で解決していたとは夢にも思わなかった。 ちくしよう!アメリカってやっぱり進んでるなぁ。さすがに世界...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十二話

私が船を買うまで。第二十二話 ジャブローに散る 「あ、ゆうさんだ。」 電話の主はどうやら一緒に湖に入っているゆうさんのようだ。 「あ、はい。あ、いやあ、けっこういいのが来てますよ。はい、俺もあにきも調子いいです。ええ、6...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十一話

私が船を買うまで。第二十一話 ノーシンカーとはいえ、引ったくるようにガボッとでたところを見るとバスの活性は高い 「にいちゃん!ドラグ!」 そうだ。ドラグの調整をしてなかった!あわててドラグを緩める。そのとたん激しいテイル...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十話

私が船を買うまで。第二十話 ケイスケ出撃す しばらく車で待つ。心臓が口から飛び出してきそうだ。徐々にチェックブースが近づいてくる。前に並んでいるゆうさんは「インスペクション」とやらを受けるらしくチェックブースの先の駐車場に誘導されて...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十九話

私が船を買うまで。第十九話 キャステイクレイク突入 フリーウェイを抜け、右に大きく曲がる。突き当りにガスステーションがあるのでそこで給油。とても大きなガソリンスタンドでバスボートも数台止まっている。弟は一番はじっこのレーンに車を止め...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十八話

私が船を買うまで。第十八話 出撃キャステイクレイク 翌朝4時。仕事の時にはいつまでもぐずぐずしているおっちゃん二人がぱちっと目を覚まし、家族を起こさないように家をそっと飛び出す。まずはボートを隠している弟の会社へ。会社に着くと、同じ...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十七話

私が船を買うまで。第十七話 アメ食は荒野 実食。 子供たちはマッケンチー。このマッケンチー。何度聞いてもマッケンチーとしか聞こえないのですが正式名称は「マカロニアンドチーズ」というらしい。子供の大好物です。ハワイのホテルの朝食...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十六話

私が船を買うまで。第十六話 ランチョクカモンガ強襲 ロサンゼルスではちょっと欲しいものを手に入れるのにたいへん苦労する。一度、チェロのアイテムを買おうと思ったことがあったが手に入らなかった。ギターセンターなんかは有ることは有るがいわ...