私が船を買うまで

プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十七話

私が船を買うまで 第四十七話 別れ Fマリーナに移動して車から降り事務所へ向かいたこぼうずに声をかける。家内と母が車の中から不安そうにこっちを見ている。私はまるで入園式の幼稚園児のようである。 「徳永です。船を出してください。...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十六話 

私が船を買うまで 第四十六話 別れの朝 もう本当にグズグズしてはいられない。相手のペースに持ち込まれたら終わりだと思った私は仕事の予定を調整し、次の週の火曜日をあけた。Yさんに連絡しその日は絶対に船を出すからとFマリーナに伝えてもら...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十五話

私が船を買うまで 第四十五話 ヒーイズナッツⅡ 火曜日朝8時。 会社を出てWさんの家に向かう。Wさんは奥様と朝のお茶をしながら待っていてくれた。Wさんの奥様はとても素敵な方で私はお二人のお話をうかがうのを何よりの楽しみにしてい...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十四話

私が船を買うまで 第四十四話 とっとと逃げろ! 「それで、もし可能ならFマリーナからそちらに船を移動させてもらえなかいと思って電話したんです。」「ああ、そういうことですか。もちろんいいですよ。」「それとですね。私、実は芦屋の漁港に係...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十三話

私が船を買うまで 第四十三話 ヒーイズナッツ 私は一旦彼を落ち着かせようと話すのをやめた。ところがそれがいけなかった。彼はあろうことかそれこそなんにも関係のないNさんにも罵りの矛先を向け罵声を浴びせだしたのである。 「ちょっと...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第四十二話

私が船を買うまで 第四十二話 たこぼうず 翌朝。 朝五時に起き出してNさんの家に向かう。Nさんは不安そうな顔をして待っていた。 「すみません。今日はよろしくお願いします。」「いやあ、まあいいけど。大丈夫かね?沈没せんかね...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第三十四話

私が船を買うまで 第三十四話 迷える子羊 M原さんとさらに展示船を見て回る。見て回りながらわからないところ気になるところを伺うと実に丁寧に説明してくれる。なによりも、この作業にこれぐらい。これならこれくらい。と金額を相場ででも教えて...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第三十三話

私が船を買うまで 第三十三話 第二展示場 展示場をでたM原さんの後を追う。糸島は不案内なのでどこを走っているのか皆目見当がつかない。大きく曲がったり海のそばを行ったりけっこうな距離を走ってようやく第二展示場へと到着した。ここは整備工...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第三十一話

私が船を買うまで 第三十一話 タダより高いものはない 私は深く反省した。目先のことばかり考えて本当に大切なものは何かを見失っていた。金額はマストの条件ではない。安全がマストなのだとはっきりと認識させられた。海上での安全を確保するため...
プレジャーボート

私が船を買うまで 第二十九話

私が船を買うまで 第二十九話 5万 「おっちゃん、つっかけとってきたばい。」「…う、おお。」 友人の漁師が持ってきたのは犬が百回は噛みたくってしゃぶりつくしたようななんともいえないビーチサンダルであった。おっちゃんはうつむいて...