プレジャーボート

私が船を買うまで。第十五話

私が船を買うまで。第十五話 アメリカ編 ケイスケ米国に立つ 結局、思いにかなった船は見つからず、免許の結果も自己採点のまま私はアメリカへ向かった。弟がロスアンジェルスに住んでおり輸出入の仕事と並行してバスガイドをやっており船を買うた...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十四話

私が船を買うまで。第十四話 初運転 そうこうしているうちに海上訓練の日が訪れた。心臓ばくばくである。私、この時まで知らなかったのだが実は船は免許がなくても運転をすることができる区域がある。湾内や航路は危険回避などさまざまな要因がある...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十三話

私が船を買うまで。第十三話 船が見つからない 毎日の仕事をおろそかにすることはできない。福岡だけではなく東京にも時折行かなければいけないし、つまり、そうそうマリーナ巡りをするわけにもいかないのだ。インターネットの中古船サイトは見飽き...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十二話

私が船を買うまで。第十二話 免許講習 その後数件のマリーナを回ってみたものの希望にあうような船と出会うことはできなかった。つまりボートとうんこの関係も解消しないままであった。現場も忙しく私は祈るような気持ちで日々を過ごしていた。 ...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十一話

私が船を買うまで。第十一話 私とボートと旅行とうんこ 人間はみなうんこをする。それはわかっているが人前で堂々とうんこができる人はそうはいないだろう。では、船にトイレがない場合どこでうんこをしたらよいのか。これは我々人類が直面した最大...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第十話

私が船を買うまで。第十話 エンジン エンジンか。さて、困ったぞ。私はエンジンのことなんてなんにもわからない。マリーナの人に聞くと 「最近の選外機は全てフォーストロークエンジンです。燃費が良くて故障も少ないです。古いツーストロー...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第九話

私が船を買うまで。第九話 船の選定 免許の会社に申し込みをしたその足で現場に行く道のりをちょっと変更していくつかのマリーナを回ることにした。いわゆるマリーナ巡りである。博多湾の西区にはいくつかのマリーナが存在し船の上架と保管、中古艇...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第八話

私が船を買うまで。第八話 免許がない さあ、こまった。免許がない上に時間もない。私は早速インターネットで船の免許について調べることにした。どうやら船の免許は「船舶操縦免許」と言って数種類あるようだ。 1級小型船舶操縦免許…20...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第七話

私が船を買うまで。第七話 究極 家内は大きなため息を吐いた後頭を抱え込んだ。 「前からいいよるやん。ちゃんと準備してから行動すること。出したものは同じところにかたずけること。ゴミは捨てること。この3つをちゃんとしたらだいぶ...
プレジャーボート

私が船を買うまで。第六話

私が船を買うまで。第六話  風やまず 「なんね?大声出して。」「免許がない。」「え?」「俺。船の免許持ってなかった。」「…」 私はこの時ほどなさけない顔をした家内を見たことがない。家内は私の顔をまじまじと見つめた。 「あ...