私が船を買うまで。第二十四話

プレジャーボート

私が船を買うまで。第二十四話 キャステイクの白い彗星

キャステイクレイクではラージマウスバス、スモールマウスバス、ストライプドバス、トラウト、ブルーギル、ナマズなどがつれるらしい。今回の目的はラージマウスバスなのだが、実はストライプドバスが一度釣ってみたい、釣ってみたいと夢見ていた。ストライパーは食べるととてもおいしいらしくこの魚だけはリリースせずに皆持って帰る。キャステイクのような広大な湖にも陸っぱりで釣りをしている人も多い。聞けば陸っぱりの人たちの多くはストライパー狙いなのだそうだ。

すみません。またもや画像は借り物です。

コヨーテとかピューマが出るのによく陸っぱりなんてできるなあ、なんてのんきなことを考えながらもといた岬の少し手前のワンドに入った。二三投したときにまた携帯が鳴った。

「あ、またゆうさんだ。もしもし?」
「しゅうちゃん、どこにいる?」
「あ、さっきの岬の二つほど手前の、はい、スロープに近い方のワンドにいます。」
「がちゃっ」
「あ、切れた。」
「なん?しゅうや。」
「いやあ、わからん。」

また、キャストしようとしたとき遠くからバスボートがかっ飛んでくる音が微かに聞こえた。向こうから白いバスボートが全速力で走ってくるのが見える。ゆうさん、あんたはシャアか!あぶねえ!

「しゅうちゃん、見て見て!」

ボートを止めたゆうさんがライブウェルから取り出したバスはこれまで見たことがないほどでかかった。ただひとことデカイとしか形容できない。これがひょっとしてフロリダ種か。ゆうさんは興奮して話し出した。

「このちょっと先の崖のところで何投かしてたら突然がぼっとでた!いやあ久しぶりでこんなデカイのかけたよ。興奮した!」

興奮しているのはみたらわかります。

「うわー。俺こんなでかいバス初めてみた。」
「いやあ、僕もひさしぶりですよ。さっき、しゅうちゃんから聞いた岬のちょっと先でさ。四~五投したらさ。がぼんよ。がぼん。」
「にいさん、すごいっすねえ。」

私は興奮冷めやらぬゆうさんと弟と私とわいわいバスを囲んで盛り上がっていたが、ふと冷静に考えると今この輪のなかにはたして私の嫁さんとかしゅうやの嫁さんが入ってくることがあるのか?いや、この世が終わってもそれはないだろうということに今更ながら気が付いた。

男は死ぬまで子供である。今日、わずか数百メートルを100kmのスピードでかっとんできたゆうさんとでかいバスを見て心底うらやましがっている弟を見て私は確信した。男は世界の害悪だ。きっとそうだ。

つづく